商品カテゴリ
SPONSORED LINKS
葛巻内装
葛巻内装株式会社 新しいブログはこちらです。 畳大好き!愛畳者・武澤久美恵のブログ ぜひご覧になってみて下さい<(_ _)>

畳とリフォームの専門店は葛巻内装
〒920-3131 石川県金沢市百坂町ロ66
電話番号(076)258-2155 フリーダイヤル(0120)215530 FAX (076)257-1776
 
【ネットショップ】
やすらぎの畳グッズ ももさか
い草を使った手作り和雑貨のお店です。畳マット・飾り台など和雑貨を取り揃えております。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
卯辰かなざわにてお食事会
先日畳を納入させていただいた卯辰かなざわ様へ畳を納入工具するだけでなく、粋な縁のついた新しいぴかぴか畳の上で私も食事食事したくなり行ってきましたジョギング

PM6:00〜  雪コースを頂きます。

夜は昼間と違い明りがともり、風情があります。



玄関前で同行の皆様と



私が頂くお料理の献立です。(楽しみです〜〜(^^♪)



手前は椀盛、蟹むかご真蒸。向こうはお造り、天然鰤、甘海老、地あら、鮪。
(この季節ならではのむかご、鰤は厚みがあり、脂ものっておいしいです)



焼物 まなカマスきんとん焼(地元、五郎島金時使用)



鴨の治部煮 金沢の冬の味といえばやっぱり治部煮です。



部屋から見る夜景もご馳走です。


吹寄せご飯(栗、銀杏、舞茸)あみ茸汁、漬物



食後にコーヒーが出ました。カップもスプーンもかわいい〜ホットコーヒー



廊下には大鉢に早咲きの椿

写真は会食したお料理のほんの一部ですが、他に秋刀魚、秋鮭等に旬の山海の幸を頂き、部屋からは深まる秋の夜景を見ながら、い草の香りがするお部屋で美味しいお料理を頂き至福のひとときを過ごさせていただきました。





| 愛畳者の息抜き | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
受章
 私の父、葛巻久一郎がこの度『平成19年秋の褒章』で黄綬褒章を受章しました。
 黄綬褒章とは仕事に励み、業界に精励し、衆民の模範である者、功績のあった人が対象で
天皇陛下よりいただきました。

 褒章の伝達式は11月16日(金)午前10時から東京の厚生労働省(中央合同庁舎、第5号館)
2階講堂で開催され、この伝達式に付添人として私も出席しました。





 10時定刻に式典開式となり、労働省の代表者よりお祝いのお言葉があり、
その後、緑綬、黄綬、紫綬褒章受章者の氏名が次々と読み上げられました。
 舞台正面では各褒章の代表1名が受け取り、その後は担当管が係3名で受章者の席へ出向き、
一人一人に証書を手渡されました。
 昼食にはお弁当が用意され、食事、休憩後1時にはバス移動で皇居へ向かいました。

 皇居、豊明殿において天皇陛下に拝謁、
陛下から受章者に対して長年、仕事一筋に励んで来た事に対しねぎらいのお言葉をいただきました。
 4時頃、再び厚生労働省に戻り、解散となりました。
 父は「豊明殿へは受章者が順々に入り整列して待ったが、この時は一番後であった。
しばらくして保管が『皆さん、くるりと真後ろに回る様に』と指示され、自分は最前列になった。
その時、天皇陛下がおでましにしなり、一番前にてお言葉をいただきよかった」と申しました。


 天皇陛下よりいただいたお菓子です。

 東京にいる間、又、帰路中も悪天候にならず、飛行機が好きでない私としては助かりました。



 いただいた章と父です。

 父は「この度の受章は名誉で有難い事、自分を支えて下さった人達に感謝したい。
又、生涯現役でありたい」と申していました。
 この度の受章式に同行した私も、この受章は父本人の努力もありましょうが
沢山の方々に支えられ皆様のお陰でいただいたものと感謝しております。
 有難うございました。

                                        武澤久美恵
| 愛畳者の息抜き | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
石川の表具とたてぐ展 見学
 平成19年10月27日(土)
 石川の表具とたてぐ展
 石川県地場産業振興センター 1Fホール
 〜和のかたち・感性を今に活かす〜
石川の表具とたてぐ展

 掛軸 加賀友禅描表装(本紙、まわしも全部友禅描)
 本紙の絵は加賀友禅ならではの色づかいが素晴らしいです。
 一度使用してみたいですね。
加賀友禅描表装

 夏用風炉先屏風 加賀友禅描
 粋なデザイン。涼しい絵がごちそうで夏に使用すると最高でしょう。
夏用風炉先屏風

 行灯(あんどん)
 内側に水引を張り、風情を出しています。
行灯(1)
行灯(2)
行灯(3)

 人工と自然、二つの癒しを得られる行灯。
行灯(4)

 細かい細工の風炉先屏風。
風炉先屏風(1)
風炉先屏風(2)

 夫婦岩を表した4枚の戸。
夫婦岩

 細かい細工です。
細かい細工(1)
細かい細工(2)

 毎年楽しみに見学している展覧会ですが、
見学を終え思った事は、建具業界は次々と新しい事にチャレンジする職人さんが
沢山おられて感心しております。
 畳業界は建具程ではありませんが、新しい事を研究している方もいらっしゃいます。
それらが発表されるとやはり嬉しいものです。


 中央病院前の木々が紅葉し、赤と黄色のコントラストが綺麗でした。
紅葉(3)
| 愛畳者の息抜き | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
二俣町
 10月23日、午後から商用で二俣町まで行って来ました。
 車中から見る田んぼは稲刈りが済んで又、新芽が出、それが色鮮やかなグリーンだったので
一瞬、春か?と思われる程でありました。
 やがて山方向へと進むにつれ、花街道となります。地域の方々が丹精して作られたのでしょうか、
 思わず車から下り見に行くと、近くで咲いているコスモス、「今が一番きれいなのよ!」
と言っているかのように風に揺れていました。
コスモス

 二俣町には町内に大きな川が流れており、その川添いに竹製の花入れがいくつか固定され花が入っていて、やさしいおもてなしに感心致しました。
花入れ

 伺った学校、校舎内が綺麗なのにビックリ。
 生徒が少ないから綺麗だというのでなく、少なくても汚い学校もあります。
 各階の踊り場には心なごむ花と花入れ。
学校の花入れ
 なんとなくですが学校の方針が伝わってくる様です。
| 愛畳者の息抜き | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第35回 石川の技能まつり
 平成19年10月21日(日)第35回石川の技能まつりを見学してきました。
 毎年この時期に開催され、技能者の地位向上・技能水準向上を図る目的で35年続いている
まつりです。
石川の技能まつり 

 受付左側の展示場には昨年現代の名工を受賞した3名の作品が展示され、
内、四天拝敷の大小を出品したのは父、葛巻久一郎です。
展示スペース

 父はこの日の為にと、表・縁を吟味しながら準備、10月の初めより作業を開始。
 拝敷、四天拝敷は一般に手縫いであり、父も全工程手縫いで仕上げました。
 今回のい草は通常より丈が長い原草(げんそう 元草とも書きます)を使用しています。
 商品名は「武蔵原草」といいますが、私も初めて見る太く長い色鮮やかない草で、減農薬で栽培し、
無染土処理され、芯もしっかりした品と聞いております。
 仕上がった四天拝敷はザックリとした弾力性ある感じで、紋縁は七宝金(しっぽうきん)がつき、
従来の畳表で作ったものと比べ、原草の方がより高級な感じがしました。
四天拝敷 展示


 会場内では素晴らしい庭園がセットされ、その前では茶席が設けられており、
私も一服いただきました。

 短冊 遠い日の色そのままに赤とんぼ 柳子
 花  われもこう ほととぎす すすき 藤ばかま 紫蘭 金水引 おおたで
 茶碗 菊の絵
 菓子 柿

茶碗
菓子

 今の季節ならではの花・道具類。庭園の松木・庭石・コケを見ながら美味しい菓子をいただき、
一時ですが心和ませていただきました。

 展示させていただいた四天拝敷は徹通義介禅師の700回御遠忌に使用していただきたく、10月22日に大乗寺様へ奉納させていただきました。

 大きなまつり会場で展示するにあたり、石川県能力開発促進センター関係者の皆様に色々とご協力いただき感謝申し上げます。有難うございました。
| 愛畳者の息抜き | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |